借金返済 相談

借金返済の無料相談!でも弁護士の手続き費用は?

弁護士に払う費用はいくらくらい?

 

債務整理の手続きを弁護士にしてもらうためには費用がかかりますが、この手続きをして借金を整理しようとしている人はあまりお金に余裕がない人ばかりなので、どのくらいの費用がかかってくるのか気になる人も多いです。

 

そこで債務整理の手続きを弁護士にしてもらうとどのくらいの費用がかかってくるのでしょうか?

 

親の借金返済が困難で、債務整理を検討している場合は費用の相場を元に検討してみて下さい。

 

最初の相談は無料です

 

債務整理の手続きを弁護士にしてもらうためにはまず最初に相談をすることになりますが、この時の費用は無料です。
そのため弁護士への相談をするにはお金の心配をする必要はありません。

 

債務整理の手続きにかかる費用の相場

 

債務整理の手続きにも任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といくつかの手続きがありますが、それぞれかかる費用が変わってきます。

 

そしてまず任意整理の場合の費用の相場として着手金と成功報酬の二つがあり、着手金は債権者1社につき2、3万円です。また成功報酬として過払い金が発生していて、これを取り戻した場合はその20%が必要となります。

 

次に特定調停の場合は任意整理の着手金と同じように債権者1社につき2、3万円です。
また申し立て手数料として実費が数千円かかります。

 

それから個人再生の場合は大体30万円から40万円くらいが相場になってきます。

 

最後に自己破産の場合は25万円から30万円、申し立てにかかる実費が数千円から数万円、予納金が数万円で管財事件の場合は数十万単位の費用がかかってきます。

 

費用を支払う余裕がない場合でも安心です

 

債務整理の手続きをしようとしている人は自分で借金を返済することができないので、当然弁護士に対して費用を支払う余裕がありません。

 

しかしこのような場合においても心配する必要はありません。なぜなら現在においてはほとんどの法律事務所が初期費用は無料となっていて、分割払いも可能となっているからです。
また任意整理で手続きをする場合は成功報酬という出来高制なので、過払い金を取り戻すことができた場合のみに支払う費用もありますが、この部分は回収した過払い金から差し引く形で支払いをすることになるので、別途用意をする必要はありません。

 

その他、債務整理したあとの生活が気になる方は、債務整理するとローンや車はどうなるの?で詳細をご説明していますので併せてどうぞ。